The 25th Annual Meeting of the Japa Society for Portal Hypertension

演題募集

初期研修医・医学生セッション、メディカルスタッフセッションへの演題募集のご案内

初期研修医・医学生セッション

【趣旨】初期研修医・医学生を筆頭著者とする演題を募集します。若い皆さんに、積極的に勉強して発表を行うことで門脈圧亢進症に興味をもっていただくとともに、臨床における問題解決の基本姿勢を学んでほしいと思います。
【応募資格】演題応募時卒後2年目までの初期研修医、もしくは医学部医学科の学生
【参加費】初期研修医:3,000円/医学生:無料(所属施設の証明書、学生証が必要)

メディカルスタッフセッション

【趣旨】理想的医療の遂行には多職種の連携が必要です。とりわけ門脈圧亢進症の診療においては複数の診療科が関与することから、メディカルスタッフの業務は複雑化し、チーム医療の必要性はますます大きくなっています。そこで、看護、放射線、栄養、検査、リハビリ、薬剤部など多職種から門脈圧亢進症の診療サポートに関する演題を応募します。また、応募者が経験した症例報告も歓迎します。
【応募資格】看護師、放射線技師、臨床工学技士、臨床検査技師、薬剤師、栄養士、理学療法士、作業療法士、救急救命士、その他のメディカルスタッフ
【参加費】 3,000円

応募方法

本セッションへのご応募は、専用の抄録用紙をご使用いただき、abstract@jsph2018-osaka.jp 宛てメール添付にてお送りください。オンラインではご応募いただけませんので、ご注意ください。

  ➡初期研修医・医学生セッション、メディカルスタッフセッション専用抄録用紙

 

*初期研修医・医学生セッション、メディカルスタッフセッションでは非会員でもご発表いただけますが、発表に責任をもつ学会員が共同著者であることが必須です。

ページのトップへ戻る